sony-fudosan

ソニー不動産!
関東の不動産売却ならソニー不動産が定番!

子供の進学でマンションを売った話

子供が大学を卒業し、
生活スタイルが変わるので、
今まで住んでいたファミリー向け分譲マンションを売却しました。

買ったときは新築でしたが、
子供が生まれるのと同時に購入したマンション。

売るときにはもう築20年です。

駅からは徒歩20分くらいで、
近所にバス停は無し。

ここまで聞くと不良債権に思える物件ですが、
子供と住むことを考えるととてもいいマンションでした。

実は、徒歩数分のところに保育園があり、
さらに自転車で数分のところにお寺経営の幼稚園、
小学校も中学校も徒歩20分以内と、
中学までなら文句なしの子育て地区だったんです。

もちろん近所には大きめの公園もあり、
環境も申し分ありませんでした。

たまに入っている不動産屋のチラシにも、
このマンション売りませんか?という
買取のチラシばかりが目につきました。

なので、
売るときはそれなりの値段になるだろうと
期待していたんです。

まとまったお金ができれば、
子供の大学進学の資金や、
仕送りの足しにもできると思ったので。

とりあえず、
最初は地元の不動産屋さんに相談に行きました。

が、あまり期待していたような額では売れないとの話。
やはり築年数がネックなのと、
駐車場に現状空きがないことが
マイナス査定に響いたようでした。

当然買ったときの値段では
売れないとはわかっていたのですが、

これぐらいなら売れるだろうと
出された金額が想定より低かったので、
一度出直すことに。

その後、
ネットの広告で一括査定を出してくれるサイトを知り、
申し込みました。

色々な不動産会社が提示する値段を鑑みて、
長年住んで来た愛着ある家という主観から、
少し冷静になって客観的に物件の価値を観れるようになりました。

結局は売却時の手続きや
連絡の取りやすさなどを考慮して、
大手不動産会社に売却を委託することにしましたが、
最初に考えいていた売却価格より
2割ほど低い価格で売却することになりました。

一番はじめに訪れた不動産屋さんでは
3割ほどさらに低く見積もられていたので、
そのことを考えるとお得に売却することができたかと思います。

なにより、売却までスムーズに進んだので、
子供の大学入学には流石に間に合いませんでしたが、
その後の仕送りやクラブ活動の援助に役立てることができて、
とても満足しています。