不動産マンション一戸建て売却査定おすすめ
*

相続空き家の特例

相続空き家の特例
相続 空き家 税金
どうする相続問題
相続税支払わなくてもいいように
相続税の申告はキッチリする必要があります
6か月以内の相続税期限までに遺産分割協議をしないと
トラブルもと!

相続 空き家 売却 税金

不動産 叩き売るの、ちょっと待って!

相続 空き家 売却 税金 は売った時にかかる税額控除

居住用であった空き家相続で3000万まで特別控除の特例

  • 売却まで住んでいない
  • 賃貸していない

親などの居住用家屋を相続
平成28年4月1日から平成31年12月31日までに売却
一定の要件なら譲渡所得から最高3,000万円まで控除できる特別控除の特例
(1) 居住用家屋とは、相続の開始の直前まで居住されていた家屋
次の3つの要件全てに当てはまるもの(主として被相続人の居住の用に供されていた一の建築物に限りる)

  • 昭和56年5月31日以前に建築された
  • 区分所有建物登記がされている建物でない
  • 相続の開始の直前において被相続人以外に居住をしていた人がいなかった

(2) 被相続人居住用家屋の敷地等とは、相続の開始の直前において被相続人居住用家屋の敷地の用に供されていた土地又はその土地の上に存する権利。
相続の開始の直前に土地が用途上不可分の関係にある2以上の母屋と離れなど建築物ある一団の土地の場合、その土地のうち、その土地の面積にその2以上の建築物の床面積の合計のうちに一の建築物である被相続人居住用家屋(母屋)の床面積の占める割合を乗じて計算した面積に係る土地の部分に限ります。
2 特例を受けるための適用要件は国税庁HPNo.3306 被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例をご覧ください

 

要するに親が住んでいた空き家を放置

売却すれば3000万円まで控除できる特別控除の特例に該当する可能性があります!

 

空き家になっている母屋は相続トラブルが多い?

通常、相続発生から6か月以内に納税する必要がある

それ以降空き家なら

以前分割協議書が作成されてないことも!

特別の理由があれば3年間伸ばせる規則もありますが

その3年間もなぜか

空き家相続で3000万まで特別控除の特例と期間は似ている?

 

いずれにせよ空き家放置は止めなさい!

という国策です!

 

空き家放置は、この先ますます出費が絡んできます

 

単に空き家と言っても

固定資産税や維持管理費だけでもバカになりませんね

誰が負担するのですか?

お庭の植栽も空き家になれば手入れも大変

まさかの火災保険も空き家って特別に高額?

 

子供や孫の代までトラブルを残すと

資産どころか借金財産になりかねない空き家

 

国の施策も空き家放置は課税強化の方向ですね!

 

相続分配でのトラブルは

口頭での話し合いだけでは

なかなか進展しにくいのが現実です

 

そこで

無料不動産売却一括査定が役立ちます

売却見込みの最高額を親族に提示しakiya

具体的な現金分配額をします

普通の人なら、お金が入用なことは無きにしも非ず!

絵に描いた餅より

現実の現金を選択する可能性は大です

 

不動産高値は2020年東京オリンピックまでがピーク?

不動産が青天井の神話はバブルとともに崩壊!

今は、現実を見るときですね!

 

今すぐ無料不動産売却一括査定ができる

空き家売却一括査定の高値比較へGO

 

  • 不動産が高値で売れている!
  • 空き家の売却ができる

売却査定は→45秒簡単入力の一括査定依頼