不動産マンション一戸建て売却査定おすすめ
*

不動産売却

不動産売却
不動産売却 一括
不動産売却 キャンペーン
不動産売却 住み替え
不動産売却 住宅ローン
不動産売却 相続
任意売却
不動産売却 費用
不動産売却税

不動産売却の一括査定は無料!

全国の不動産会社に無料の一括査定が出来ます!

一番高い査定を選べるからマンションが高く売れるのです。

なんと最大6社がオンラインで査定します。各社競争ですから・・・以外に高値で見積もってくることもあります。

もちろん大切な自宅マンションを売るとき、これなら絶対損しない気持ちありませんか?

やはり、同じ売るならもちろん相場より高く売りたい!

一生に一度の大きな取引です!

有利な契約

不動産売却を不動産会社に委託する時の有利な契約
不動産売却の場合、一般的には不動産会社に委託します。
委託を受けた不動産会社が買い主を探して売却の仲介をする仕組みになっています。
この場合、仲介を依頼するための契約には3つの方法があります。

一般媒介、専任媒介、専属専任媒介です。

それぞれに良い点があるので媒介の内容をよく知っておく必要があります。

一般媒介というのは最もよく行われる方法で、複数の不動産会社に依頼することができます。
一般媒介のメリットは複数の不動産会社に依頼できるので、買い主を探す時にも間口を広げることができるのです。
例えばA社とB社とC社にマンション売却を依頼したとすると、それぞれの顧客や宣伝能力を利用することができます。
それだけ早く買い主を探すことができるわけです。

専任媒介というのは一般媒介と違って1社の不動産会社とだけ契約を結びます。
1社だけに依頼するメリットは、業者とのやり取りが楽になる点です。
一般媒介では複数の業者とのやり取りを常にするので面倒な場合があります。
しかし専任媒介では1社だけなので、意思の疎通がしやすく、売却ノウハウの強い不動産会社ならスピーディーに買い主が見つかる可能性があります。
ただし専任媒介の場合は、マンション売却に熱心で実績のある不動産会社を選ぶのが大事なポイントになります。
やる気のない不動産会社を選んでしまうと、いつまでたっても買い主を見つけられないことになります。

専属専任媒介契約というのは売り主が直接買い主を見つけて契約ができない方法です。
どういうことかというと一般媒介と専任媒介では、もし売り主が自分で買い主を見つけた場合、不動産会社を通さなくても直接契約を結ぶことができるのです。
しかし専属専任媒介というのは売り主が見つけた場合でも不動産会社を通して契約をしなければならないのです。
このように見てくると、マンション売却で有利なのは売却実績が豊富で熱心なスタッフのいる不動産会社と専任媒介契約を結ぶことです。
ただしそのような不動産会社が見つけられない時は、一般媒介契約にした方が無難です。

 

不動産売却は市場動向と営業マンの腕のよしあしで希望価格で売却できるか決まります。

不動産を希望の価格で売却したいなら、
不動産屋選びも大切ですが、
その前に経済状況や株価など周囲の環境が売り手市場なのかどうかを確認する必要があります。
株価がどんどん下がり投資家も消極的な動きでデフレ傾向にある場合は、
少し経済状況が好転するまで待つ方がよいでしょう。

もし待てない場合は、希望価格を下げて売り出さないと最後にな売れ残り売却は難しいかもしれません。

逆に株価が上昇気流にあり、
不動産投資や設備投資が増加し、
景気が好転していくような状況下では、
希望価格を少々高めに出しても売却できる可能性は高まります。

不動産売却は高額な資産です。
経済動向をしっかり把握したうえで動きだせば売却益が出る場合もあります。

次に大切なのは、いかに腕のいい不動産営業マンと出会えるかです。

大手でも中小の不動産屋でも、不動産業界での経験が長く、不動産名を挙げたたけでどこにあって、
およそどのくらいの価格で取引されることが多いかなど、
腕ききの営業マンならすぐピンと来るはずです。

部屋の向き、大きさ、リノベーションする必要があるのか、
駅からの距離や近隣に商業施設があるかどうかも、
不動産売却マンション売却時の多きな影響力になります。

腕利きの営業マンは大抵1回目か2回目のお客様で商談成立にもっていってくれます。

物件を見に来た時点でそのお客様が本当に購入する気があるのかどうか、
何を一番優先されているのか、価格か、立地かなどすぐに判断します。

そして可能性があるな、と思ったらそのお客様にあったアプローチの仕方でどんどん積極的に物件の長所を並べていき、
この商品以上のものはこの価格帯ではまずありません、
などといって詰めにかかります。

ローンの話まで出れば商談はほぼ成立したも同然です。
このように、不動産売却マンション売却は市場動向と利き腕営業マンの能力次第により、
希望価格で売却できる可能性が高まります。

仲介手数料

不動産売却の仲介手数料媒介報酬について
不動産売買の取引関連に必要な媒介報酬仲介手数料の情報です
仲介手数料と6万円とは?
異なる不動産価格の売却物件ごとに仲介手数料は異なります
また不動産業者によっても仲介手数料は違ってきます
たとえば賃貸の仲介料は家賃の1か月分とも言いますが必要でしょうか?
仲介手数料は宅建業法に基づいて計算します
そして国により上限が定められている不動産売買の仲介手数料
不動産の売買価格の3~5%プラス消費税となります