中古マンションが人気あります
特に都心部に近い駅近マンションなら期待以上の査定が展開されるでしょう。
都心部のマンションこそ
不動産会社の中古マンション売却一括査定の制度に一番なじみやすい物件です

自宅マンションを高く売る売却が希望ならイエウール
336_280_2

マンション査定キャンペーンならオウチーノ

マンション売却をする時に照明器具と一部家具付きで売りに出す。

約10年近く前のことですが、当時所有していたマンションを売却しました。
売却する事になった一番大きな理由は、家族の仕事の事情でその街を離れることになったので売却する運びになりました。
その時の流れをまとめたいと思います。

購入した時は築6年のマンションで4LDKの物件でした(約100平米)広島県広島市内、JRの駅まで徒歩15分の12階建ての9階部分を購入しました(南向き、ベランダは二箇所ありました)
購入時にリフォーム(床と壁で約300万円)を済ませて、購入価格は3600万円でした。
知り合いの知り合いより購入した物件でしたので、少し値引きをしてもらい購入を決意しました。

しかし、約3年間暮らしたマンションを手放す事になりました。最初は賃貸として貸しに出すか売却するかを相当迷いましたが、結局、その街に戻ってくる確立が低かったこともありまして、売却を決めました。

売却の値段は当初は3000万円が希望でしたが、新聞の折込で一度広告を入れてもらい、その後オープンハウスにした事により、見学者が3家族目で購入を検討という方が現れたのです。

しかし、購入希望者は2600万円が購入希望価格とのことで、その差400万円でかなり開きが出ました。
その後、不動産屋さんの提案でリビングに設置してあるシャンデリアをはじめ、照明器具、カーテン、一部の家具を混みで2750円という相談をされました。

悩んだ結果、これを逃すとなかなか売却できない可能性があると説得をされたため、不動産屋さんの提案額で購入希望者の方にも納得をしてもらい、売却する運びとなりました。

もう少し時間をかけて売却を検討してれば自分の希望価格で売却が出来たかもしれませんが、約3ヶ月間で売却できた事をよしとしました。

短期間でのマンション売却処理

10年前に分譲マンションの売却処理を行いました。
定年までは東京勤務だと思い思い切って定年後に売却することを前提で分譲マンションを購入したのですが、思いのほか転勤が早く決まってしまいました。
当初から売却前提と言うことでできるだけ値下がりがしない物件を選んだつもりだったのですがそれが大正解でした。
東京から大阪に転勤するにあたりすべての売却処理を行った1カ月以内に終えてしまいたいと言うのが希望でした。
ですから、本来は数社から見積もりを取って1番査定金額が高いところに売却処理をお願いするのですが、最初から購入時のデベロッパーの関連会社に査定から売却までを全てお願いすることにしました。
あえてそうしたのはもともと提示された査定金額が、購入時よりも1000万円以上も高い値段になっていたからです。
もちろん、賃貸に出すプランもありましたが、毎年法的な処理を行うことが面倒なこともあり、かつ空き家の心配を考えたときには高値で売れる家に処理をしておいた方が得策だと考えたのです。

実際のところ媒介契約を不動産会社に行ってもらいました。
新しい会計についても売却に出してから3日で見つかりました。
すぐに下見に来てもらい即断即決で購入を決めてもらいました。
おかげで媒介契約の押印から住宅ローンと売却金額の相殺金額の入金に至るまで全て1ヶ月で終えることができました。
こんなにうまくいくとは全く思ってもいませんでした。
東京から大阪に異動になった際には手続き上何度かは東京に行く必要があると思っていたのですが全くその必要もありませんでした。