マンション売却の一括査定は無料!Building

全国の不動産会社に無料の一括査定が出来ます!

一番高い査定を選べるからマンションが高く売れるのです。

なんと最大6社がオンラインで査定します。各社競争ですから・・・以外に高値で見積もってくることもあります。

もちろん大切な自宅マンションを売るとき、これなら絶対損しない気持ちありませんか?

やはり、同じ売るならもちろん相場より高く売りたい!

一生に一度の大きな取引です!

自宅マンションを高く売る売却が希望ならイエウール
336_280_2

マンション査定おすすめならオウチーノ

マンション売却を不動産会社に委託する時の有利な契約
マンション売却の場合、一般的には不動産会社に委託します。
委託を受けた不動産会社が買い主を探して売却の仲介をする仕組みになっています。
この場合、仲介を依頼するための契約には3つの方法があります。

一般媒介、専任媒介、専属専任媒介です。

それぞれに良い点があるので媒介の内容をよく知っておく必要があります。

一般媒介というのは最もよく行われる方法で、複数の不動産会社に依頼することができます。
一般媒介のメリットは複数の不動産会社に依頼できるので、買い主を探す時にも間口を広げることができるのです。
例えばA社とB社とC社にマンション売却を依頼したとすると、それぞれの顧客や宣伝能力を利用することができます。
それだけ早く買い主を探すことができるわけです。

専任媒介というのは一般媒介と違って1社の不動産会社とだけ契約を結びます。
1社だけに依頼するメリットは、業者とのやり取りが楽になる点です。
一般媒介では複数の業者とのやり取りを常にするので面倒な場合があります。
しかし専任媒介では1社だけなので、意思の疎通がしやすく、売却ノウハウの強い不動産会社ならスピーディーに買い主が見つかる可能性があります。
ただし専任媒介の場合は、マンション売却に熱心で実績のある不動産会社を選ぶのが大事なポイントになります。
やる気のない不動産会社を選んでしまうと、いつまでたっても買い主を見つけられないことになります。

専属専任媒介契約というのは売り主が直接買い主を見つけて契約ができない方法です。
どういうことかというと一般媒介と専任媒介では、もし売り主が自分で買い主を見つけた場合、不動産会社を通さなくても直接契約を結ぶことができるのです。
しかし専属専任媒介というのは売り主が見つけた場合でも不動産会社を通して契約をしなければならないのです。
このように見てくると、マンション売却で有利なのは売却実績が豊富で熱心なスタッフのいる不動産会社と専任媒介契約を結ぶことです。
ただしそのような不動産会社が見つけられない時は、一般媒介契約にした方が無難です。