中古マンションを売るときに抱く不安とは?
税金対策として、または生涯に渡って住むものとして購入したマンションも、手放すときに多い理由の一つにローンの返済が困難になったというのがあげられます。
せっかく夢を思い描いて購入したマンションでも、日々の生活を圧迫して経済的に困窮する原因となってしまうのは元も子もありません。
もちろん、より良い物件を見つけた、近隣トラブルが発生して住みづらくなった、転勤の関係で住めなくなった、などという理由の方もいるかと思います。
いずれにせよそういった場合は、たとえローンが残っていようと手放すことが賢明です。土地やマンションの資産価値がどんどん上がるバブル時代と違い、今は中古マンションを売却しようにも購入時よりずっと価値が下がるのが定説です。
ましてやローンの支払いがまだ残っている場合は、少しでも返済額に補填できればと思うことでしょう。
早く手放したいと思う一方で、中古マンションを売却することへ不安を感じ、日々切り詰めた生活をしながらなかなか踏み切れない人もいるかと思います。
やはり、不安になるのは不動産業者を介して、どのような手続きを取っていくのか、不動産業者によって売却価格が変動するのか?など
賃貸のアパートを探す程度であれば、多少不備の目立つ業者にあたってもある程度は目を瞑ることができます。
しかし、経験の浅い業者や足元ばかりを見てくる業者では、何百、何十万という不利益につながる恐れもあるため二の足を踏む方も多いはずです。
一般的にかかるマンション売却費用としては、不動産介入手数料と抹消登記費用で大体50万円くらいです。
そして販売者が受け取る金額に直結する販売査定額が最も重要で、
ここでローンの残高以上の値がつけば返済に充てられますが、それ以下ですと自腹を切ってローンを完済しなければなりません。
唯一救いなのは購入者が決まった場合、そのマンションの瑕疵担保責任を負わなくていいところですが、様々な材料をもとに価格交渉がなされるため、それも交渉理由の一つになりかねません。
瑕疵担保責任を負われないというリスクが購入者にもある以上、水道管の不具合はないか、内覧だけでは分からない瑕疵を危惧するため当然の権利と言えばそうかもしれません。
売り手はとにかく少しでも高く売りたいのであれば、街の不動産屋か全国展開している大手か、まずはインターネット等を駆使して無料見積もりを取ってみるべきです。
マンション売却は築年数だけでなく階数や立地条件も関わってくるため、似たような全国の物件がどれくらいの値段で売られているのか、ある程度の平均値は知ることが出来ます。
今はそうした仲介業務をする業者もたくさんいます。
派手な広告と耳障りのいいフレーズを銘打っている業者もありますが、いかんせん数が多いので何を基準に選べばいいのか、またややこしく感じるかもしれません。
ここで気を付けなければいけないのが、高い査定額を提示してくれたからといって、決してその値段で売れるわけではないのが定価の存在しない不動産の難しいところです。中には最初、高い見積もりを提示して、後からどんどん交渉して下げていく業者もいます。駅に近くて日当たり良好な角部屋、と好条件な物件ほど期待値も高まりますが、前住人が経済的困窮が理由というのを良く思わない購買者もいます。そうした理由を持ち出してきたり、あまり査定額の値上げにいい顔をしなかったくせにその後の勧誘がしつこかったり、良くない業者が多数存在するのも事実です。
マンション売却という、ただでさえどこか気の重い案件な上、そうした業者に振り回されたくはないものです。
査定の基準は不動産会社によって様々なので、ネットが普及した今、そうした情報収集を積極的に行い、納得した価格で売却できればベストです。